BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

20代向けの着物の選び方とは

2020/11/15
最近は、20代の若い女性でも着物を着る人が増えてきています。
20代で着物デビューする場合、どのような着物を選べば良いのでしょうか。

▼20代は色々な着物を試してみよう

20代の女性は、比較的派手な柄が似合います。
洋服と同じように着物も明るめの色を中心に選ぶと良いでしょう。

ただ、地味な色の着物でもメイクの方向性などによってオシャレに着こなせるのが20代の良い所です。
まずは年齢を気にせず「この柄が好き」と思う着物から着てみてください。

■どの種類の着物が良いか

着物にも色々な種類がありますが、20代におすすめなのは以下のような着物です。

・訪問着
・付け下げ
・小紋

訪問着はいわゆる「よそ行き」の着物です。
「略礼装」に相当する装いになりますので、お茶会や観劇などしっかりめのオシャレをしたいシーンで利用できます。
ご予算は数万円程度です。

付け下げは、訪問着よりも少し砕けた位置づけの着物です。
訪問着は縫い目で柄がしっかりつながっているのに対し、付け下げは特に柄がつながっていないという違いがあります。
お値段も訪問着よりは若干お安いので、購入しやすいでしょう。

もっと普段着っぽい着物が良いという方には小紋がおすすめです。
小紋はかなりカジュアルな装いを演出できる着物で、柄も仰々しくありません。
お値段も素材によっては1万円前後からありますので、初めて着物を購入する時は小紋から始めると良いかもしれません。

▼まとめ

20代は、着物に限らずどのような服装も似合う年齢です。
あまり深く考えなくても大丈夫ですから、まずは自分が一番良いと思う着物を試してみてくださいね。